スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■痛みでノックアウト



台風で和歌山が大変なことに・・・


幸い私が住んでいる場所は和歌山の北なので何も被害もなく、


いつも通りの生活をしています。


テレビで状況などを見るとやはり胸が痛みます。


会社もそのあたりに何店舗か支店があり、


営業できなくて閉めた店舗もあるとお知らせがありました。


中には被災されたパートさんや社員さんもいるようで、


直接の交流や連絡の取り合いなどはないけども心配になりました。


今は店舗の駐車場で営業を再開しているようです。




心も痛みますが、個人的にここずっと何ヶ月も歯の痛みに泣かされています。


もともと虫歯だったところ。


歯医者に行って虫歯は治してもらったんだけど、2年たってそこがまた痛みだしたので、


再び歯医者に行ったんです。


そしたら神経がだめになってるかも、ということで歯の治療がはじまりました。


その歯医者さんは和歌山でも腕の良い先生ということで有名なんです。


なので私は安心してお任せして治療していただいていました。



ここの歯医者さん、今年になって移転したんです。(近くだけど)


なので、私は移転前の先生の姿と、移転後の先生の姿を両方知っています。


なーんか、違う感じなんですよね。


同じ先生のはずなのに、なんか違う・・・


どう違う?って聞かれたら、そうだな~、気持ちが違うような気がするんだな~。


前の先生は、その場の目の前の患者さんの治療に集中してる!!って感じで、


周りのこと気にせずに、その人のために気持ちが入ってる感じだったのが、


今の先生は、目の前の患者さんのことを100%思って治療に当たっていないような


気がするんです。


こんなこと書いちゃとっても失礼だけど・・・。


けど、移転後、すごくお客さんが増えて、予約も取れない状況で、


予約取って行っても1時間待ちなんていつもだし、すごく待たされる。


そんな状況だから、早く患者さんの治療を終えて次の患者さんを診なきゃいけない。


だからなのか、目の前の治療よりも、次のこと、さらに先のことを考えているように思うんです。



そしてなにより、私自身、先生が私を治療するときのエネルギーが、


「テキパキ急いでしなきゃいけない」というエネルギーに包まれているのを感じ、


だんだん治療をお任せすることに不安を感じてきてしまいました。


治療の説明もしてくれるんだけど、こっちの話を聞いてくれない。


言いたいこと、質問や、違和感はないかどうか、などちょっと聞いてほしいなーって思う。



そして、治療をはじめてから、痛みが引いたときがありませんでした。


ずーっと起きてるときも、食べてるときも、寝てるときまで痛い。痛みで起きるほど。


痛いもんだから、食事もできないし、何かに集中することもできない。


外の仕事は行かなきゃいけないから、仕方なく行ってたけど、


毎日毎日痛み止めの薬を飲んで出勤。


フラフラとイライラで、な~~~んもする気がなくなって。


痛みを我慢してるから体が疲れて眠いし。



あまりの痛さに、無理を行って先生に診てもらっても


大丈夫。バファリンとかで十分だからそれを飲んでおいてね。


って言われ、感じる不安を隠しつつ、先生が大丈夫というから大丈夫なんだろうと。



だけど1週間たっても痛みは引かず、だんだん腫れてきました。


職場の仲間に相談しても、口をそろえて言います。「歯医者変えたら?」って。


けど一度信用した先生の元を離れて違う先生に治療をお願いするって、


とっても勇気がいることで、なかなか違う歯科に行くっていうことが


出来ずにいました。



だけど、何かがおかしい。


なんとなくだけど、何かがおかしい。。


体からのサインは毎日消えることなく送られてきます。



不安を感じたまま痛みを我慢しながら過ごしているのって、


自分を大切にしていないことになる。


「なんとなく」おかしいを感じている自分の直感を拾い、


それを信じてあげなきゃいけないのかもしれないと思い、


本当にめっちゃ勇気がいったけど、


昨日やっと違う歯科に行ってみたんです。



レントゲンを撮ってじっくりと見ていました。


すごく落ち着いた感じの先生で、どういう理由でここへ来たのかや、


私の症状、私の質問など、ゆっくりと一つ一つとても丁寧に黙って聞いてくれて、


それだけで安心を感じました。


理由はありません。私の「勘」が大丈夫、安心だといっていました。



先生の診断の結果、神経の根っこで少し炎症が見られること、


その炎症が痛みを感じ腫れていたことが分かりました。


神経の炎症は元々前からあったのでは?


そこへ少し荒治療をされていたので炎症が大きくなったのでは?


という診断で、私は驚きました。どうりでずーっと奥の方が痛いはずだ。


このまま炎症を見逃されて、歯の治療を進めていたら、


取り返しのつかないことになるじゃない!青ざめましたよ・・・


幸い、たいした炎症ではなかったので、飲み薬と消毒で治るそう。




なかなか「変化」を受け入れる、変化を実行することには、


すっごく勇気がいることだと思うけど、

なにより自分の心の奥底で感じたことを大事にしてあげるということが、

いかに大切なことであるかと、今回のことで学びました。

なんとなく、そう感じたから、そんな気がする、という「勘」が

本当はとっても理にかなった一番正しいことなんだなって、

それを拾ってあげて実行に移していくことがとても大切なことなんだなって思いました。

それが一番幸せ(自分にとって正しい道)に繋がっていくのですね。


前の歯医者さんに行くときは、いつもなんとなく不安な気持ちで、

車を走らせていたんだけど、

新しい歯医者さんに行くときは、むしろ嬉しい気持ちというか、

前向きな感じで、「さ、行くか♪」って感じで足取りも軽いんです。

自分にとって心地の良い方向へ進んでいるという証拠ですネ。


今は新しい歯医者さんの治療と、飲み薬のお陰で、痛みもだいぶん引きました。


自分の体を張って、いかに自分を信じるのが大事なのかということを学びました。

本当に相当痛かったです。(痛すぎて顔色なかったぐらいですガーン

みなさんも、歯は大事にしてください。

そして、自分の気持ちや勘を大事にしてくださいね。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

2. ココロさん♪

そうなんよ~ほんまに痛みが引いてよかったわ~~
もうあの痛みはなんとも表現の仕様がないよ(T▽T;)

ココロさんの行ってる歯医者さん、なかなか丁寧な治療をしてくれそうな感じだね☆
治療の方法とか説明してくれると安心感高まるね!
私が変えた新しい歯医者さんはずっとやってるベテランの歯医者さんで、
ちょっと頑固っぽく職人肌な感じなので、
そういう治療の方法とかは言わないけど(口ベタ?)、
質問したら全部こたえてくれる!
すごく頼りがいのある感じで安心だわ^^v

勘って本当に大事だな!ってつくづく感じました。
時には勘だけで動くのもアリだね♪

1. ひかりん♪

ひかりん♪
痛みが少しひいてよかったなぁ(*^^*)
歯が痛いのは辛いもんなぁ…

確かに治療をしても痛みがひかなかったり、急か急かされたら不信感で不安になるよね!
歯医者さんって選ぶの難しいし行ってみて合わなかっても治療の途中で変わるの勇気いるしね!

私が行ってる歯医者さんは歯科衛生士さんが優しいし話を聞いてくれたり毎回の説明で今日はこんな事をするとか次回はこんな事をするとか丁寧なん。
基本は治療方法を説明してくれて、どう治療したいかって意見を聞いてくれるん。
先生もわかりやすく説明してくれるよ。

勘を信じて良かったね(*^^*)
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

ひかり★

Author:ひかり★

リンク
フリーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。